fbpx

A▽女優攻略の全貌

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

最初はただの思い付き。

 

 

 

 

「あ〜あ、AV女優とセックスしてみてえなあ」

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、男なら誰しもが持つ感情から始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思いながらYouTubeを見ていたら、とある動画に目がいきました。

 

 

 

 

 

その動画は司会のお笑い芸人が女タレントたちをゲストに招き、それぞれの暴露話を聞いていくものでした。

 

 

 

 

タレントやモデル、グラビアアイドルやAV女優が出演していました。

 

 

 

 

 

 

その動画の中で、司会の人が

 

 

 

 

「一般人と会ったりするの?」

 

 

 

とゲストに質問したんですね。

 

 

 

 

 

 

 

すると、みんな口を揃えて

 

 

 

 

「全然ありますよ」

「普通にDMされたら会う時ある」

「人によってだけど会ってる人多い」

 

 

 

 

と言っていたんです。

 

 

 

 

僕は立ち上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おい、本当かよ。

 

 

 

 

 

俺でも超有名な芸能人抱けるってことか?

 

 

 

 

 

これはやってみるしかねえな。

 

 

 

 

 

 

まがりなりにも、僕は恋愛講師です。

 

 

 

 

 

人に恋愛を教える人間。

 

 

 

 

 

 

そんな人間が芸能人ごときにビビってはいけません。

 

 

 

 

目の前にチャンスがあるのに挑戦すらしないのは恋愛講師として、いや、男として一生の不覚です。

 

 

 

 

 

 

僕は気になっていたAV女優にDMしようと決めます。

 

 

 

 

めちゃめちゃ有名なAV女優です。

 

 

 

売上ランキングは10位以内だし、

恵比寿マスカッツメンバーだし、

曲も出してるし、

地上波テレビにも多数出演しています。

 

 

 

 

ガチの有名芸能人。

 

 

 

 

 

 

あなたも絶対にお世話になったことあるはず。

 

 

 

 

 

というか、日本の男全員がお世話になったことある。それくらい有名な子にDMしました。

 

 

 

(この子の名前をAとします)

 

 

 

 

Aのアカウントを開き、送るメッセージを打ち込みます。

 

 

 

 

そして、送信。。。。

 

 

 

 

 

 

 

と、いきたいとこでしたが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで少し手が震え出します。

 

 

 

 

 

「本当にこんなことしてもいいのかな?」

「どうせ無視されるなら送り損じゃね?」

「キモいって思われるの嫌だな」

 

 

 

そんな、相手からしたらどうでもいいようなことを考えていました。

 

 

 

 

 

 

でも、クヨクヨしてたって何も始まりません。

 

 

 

 

 

ここまで来たら、あとはノリと勢いです。

 

 

 

 

 

「んああああああああああああ!!!!」

 

 

 

 

と心の中で雄叫びをあげ、送信ボタンを押しました。

 

 

 

 

 

 

「うわ、送っちまった...」

「大丈夫かな...」

 

 

 

 

と考えていたら、その10分後。

 

 

 

 

なんと、返信が返ってきたのです。

 

 

 

 

 

 

 

僕の震えは最高潮に達しました。

 

 

 

 

 

すぐさま返信を返し、やり取りを続けます。

 

 

 

 

 

メッセージのやり取りを5回くらいしたタイミングで会う約束ができました。

 

 

 

 

そしてLINE交換。

 

 

 

 

 

 

 

(おいマジか。これガチで会えるんじゃね?)

 

(こんなにスムーズに決まるん?)

 

 

 

 

僕は驚きを隠せませんでした。

 

 

 

 

 

 

LINE交換し、日程の調整をします。

 

 

 

 

 

 

僕はAのモチベーションが高いうちに会いたかったので、1週間以内でアポを取ろうとしました。

 

 

 

 

しかし、、、

 

 

 

 

さすがは人気女優。

 

 

 

 

1ヶ月後じゃないと空いてない。

 

 

 

 

 

まあ仕方ない。

 

 

 

 

 

 

そうなると、僕がやることは増える。

 

 

 

 

まず、

 

 

「ごめん!やっぱ仕事入っちゃった」

「ごめん!やっぱ行けなくなった」

 

 

 

とかドタキャンされないために、必死に1ヶ月間、食いつきを維持させること。

 

 

 

 

僕は1ヶ月間、慎重に慎重にLINEをしながら、食いつきを維持していきました。

 

 

 

 

 

 

そして、約束の2日前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとか会うことはできそう。

 

 

 

 

 

 

ちなみにアポの場所は富士急ハイランドですw

 

 

 

 

車を借りて、その子を乗せて、一緒に富士急へ行くことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして当日。

 

 

 

 

 

「私の家の近くまで迎えきてほしー」

 

 

とAに言われ、向かいました。

 

 

 

 

 

場所は東京の中でも超富裕層しか住めないような高級住宅街。

 

 

 

ああ、やっぱこういうとこ住んでるんだ。

 

 

 

 

すげえな。

 

 

 

 

 

 

 

早くも圧倒的な格差を見せつけられます。

 

 

 

 

 

そして約束の時間。

 

 

 

 

 

 

Aは時間ぴったりに笑顔でやってきました。

 

 

 

 

 

 

 

かわいい。。。。

 

 

 

 

本物だ。

 

 

 

 

 

 

マジで本人やん。

 

 

 

 

 

俺が今まで何度もお世話になった子。

 

 

 

 

「この子とヤレるんならAV男優になってもいいな」

 

と本気で考えた子。

 

 

 

 

そんな彼女が今目の前にいる。

 

 

 

 

 

 

そう思うだけでバチクソ緊張してきました。

 

 

 

 

 

「はじめまして。」

 

「はじめまして。」

 

 

 

 

お互いやや緊張した感じでスタート。

 

 

 

 

東京から富士急まで、車で約2時間。

 

 

 

 

この2時間である程度食いつきを高めるトークをします。

 

 

 

 

最初は

 

 

 

「最後に富士急行ったのいつ?」

「絶叫系好きなん?」

 

 

 

という会話から始めて、そこから話を深堀りしていきます。

 

 

 

 

 

ただ、まだ行きの車なので、そこまで深い話はしません。

 

 

 

 

深い話は帰りの車にとっておきます。

 

 

 

 

 

行きはあくまでAがどんな人間なのかを探っていく段階。

 

 

 

 

あとは富士急へのワクワク感を高まらせることに努めました。

 

 

 

 

 

 

そして、富士急に到着。

 

 

 

 

 

やばい、、、芸能人と来てしまった。

 

 

 

 

Aはめちゃめちゃに美人なので、周りの男からの視線が凄い。

 

 

 

 

通りすぎる人、通りすぎる人がこっちを二度見してくる。

 

 

 

 

「え、クソ可愛くね?」

「なんか見たことある」

 

 

って声も聞こえてきます。

 

 

 

 

 

(文春に載るのだけは勘弁してくれ)

 

 

 

と思いつつ、僕は富士急で楽しむことに集中しました。

 

 

 

 

 

 

芸能人と接する時に大切なのは相手を芸能人として扱いすぎないことです。

 

 

 

 

「周りの人、みんなこっち見てくるね」

「文春に載らないようにしないとね」

 

 

とか言った瞬間に終わりますw

 

 

 

 

”芸能人とどこか行くのに慣れている”もしくは”相手に価値を感じていない”というのを見せていかなければなりません。

 

 

 

 

じゃないと、ただのファンになりますからね。

 

 

 

 

 

富士急で乗ったのは

 

 

 

高飛車・ええじゃないか・戦慄迷宮・FUJIYAMA

 

です。

 

 

FUJIYAMAは2回乗りましたw

 

 

 

 

時間も17時くらい。

 

 

 

 

二人とも疲れていたので、近くの温泉に行くことにしました。

 

 

 

 

この時、

 

 

 

 

「私、もしかしたら仕事入るかもだから化粧落とすのはやめよー」

 

 

 

とAがポロッと呟きました。

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

んん?

 

 

 

仕事だと?

 

 

 

 

 

そうか。

 

 

 

 

夜に仕事の人に飲み誘われたりして行かないといけないのか。。。

 

 

 

 

僕は半ば諦めモードに入ります。

 

 

 

 

 

風呂を出て、夜ご飯を食べた時に、軽くジャブ的な感じで

 

 

 

「もう風呂入ったから寝てーわ」

「風呂入ると動きたくなくなるよな?」

 

 

 

 

 

と言って、ホテルに泊まる導線を作りました。

 

 

 

 

ここで肯定的な反応をしたら

 

 

 

 

「どっか泊まっていこう」

 

 

といけたのですが、Aの反応は

 

 

 

「そうだね。でも私、仕事の人に飲み誘われちゃった。結構えらい人だから行かないと。」

 

 

 

でした。

 

 

 

 

 

 

チーン。

 

 

 

 

 

せっかく憧れのAV女優と出会えた。あわよくばセックスできた。

 

 

 

 

なのに、こんな不甲斐ない感じで終わるのか。。

 

 

 

 

 

まあ会えただけでも凄いのかもしれないな。

 

 

 

 

そんなことを思いながら、帰りの車に乗ります。

 

 

 

 

 

 

 

これがラストチャンス。

 

 

 

 

 

別れるまでに何とか魅了できれば、まだチャンスはあると思い、僕は諦めずに本気でAを口説きにいきました。

 

 

 

 

 

・過去の恋愛

・親との関係

・仕事の不満

・結婚について

・周りの男について

 

 

ここら辺をどんどん深堀りしていきました。

 

 

 

 

 

 

すると、Aの反応がどんどん変わっていきます。

 

 

 

 

 

どんどん自分の話をするようになり、初対面のはずなのに、自分の過去を赤裸々に話してくれました。

 

 

 

 

 

 

僕は一つ一つ丁寧に聞いて、深堀りしていきます。

 

 

 

 

 

「とうご君ってお話聞くの上手だね。私の周りにこんな人いない。すごく話しやすいし、何でも話したくなっちゃう。」

 

 

 

と言われ、食いつきが高まっているのを感じました。

 

 

 

 

 

Aは僕に興味を持ち出し、色んな質問をしてきました。

 

 

 

 

・彼女はいるの?

・今までどんな人と付き合ったの?

・どんな女の子が好きなの?

 

 

 

恋愛の質問が増えてきました。

 

 

 

 

恋愛の質問をしてくるのは食いつきが高い証拠です。

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

・なんで私にDMしてくれたの?

・他の女の子にもDMしたの?

 

 

 

 

という質問まできました。

 

 

 

 

 

ここまで来たら、かなり仕上がっています。

 

 

 

 

 

 

僕は減点を食らわないように言い返し、僕も気になる点を質問しました。

 

 

 

 

 

僕「てか、なんで俺にDM返したの?」

 

A「えー、なんでだろう。。」

 

僕「他にも色んな男からDMくるやろ?」

 

A「うん。毎日めっちゃくる。。」

 

僕「だよな」

 

A「でもね、なんか他の人とメッセージの感じが違うなって思った」

 

僕「そうなんや」

 

A「うん。じゃなかったら返信しないし。」

 

僕「それは嬉しい」

 

A「みんなキモいメッセージばかりだからね。。。」

 

 

 

 

どうやら僕のファーストメッセージが他の大量に送られてくる非モテ男とは違ったらしい。

 

 

 

 

 

そこからキモいファンの話とか、しつこくDMを送ってくる人の話も聞いた。

 

 

 

 

 

すると・・・

 

 

 

 

 

 

ある秘策が僕の頭に浮かびます。

 

 

 

 

 

(この秘策を使えばいけるんじゃないか?)

 

 

 

 

そう思うような秘策でした。

 

 

 

 

 

もうチャンスは一回しか残されていません。

 

 

 

 

 

これにかけるしかない。

 

 

 

 

 

そう思った僕は秘策を実行します。

 

 

 

 

 

 

 

すると、

 

 

 

 

 

 

 

効果抜群。

 

 

 

 

 

大当たりしたのです。

 

 

 

 

 

 

「ねえね。私さ、今から仕事の人と飲みに行かないとだけど24時には切り上げるから、それまで待っててもらえたりする?先にホテルで待っててほしい。」

 

 

 

Aに言われました。

 

 

 

 

 

 

っしゃああああああああ

 

 

 

 

 

 

待ちます待ちます!

 

 

 

待ちますとも!

 

 

 

 

 

あと50時間くらい待てますよ!!!!

 

 

 

 

 

 

とは言ってませんが、心の中ではジュリアナ東京状態でした。

 

 

 

 

 

 

そして21時ごろにバイバイし、僕は先にホテルへ入りました。

 

 

 

 

 

 

そわそわ。。。。。

 

 

 

 

 

 

そわそわ。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

「俺、これからAとヤるんか?マジ?」

 

 

 

 

緊張も動揺も抑えきれませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして24時を過ぎた頃、Aがホテルにやってきました。

 

 

 

 

 

仕事先の人に飲まされたのか、少し酔っていました。

 

 

 

 

疲れている様子も少しある。

 

 

 

 

 

「疲れたーーーーお風呂入ってきていい?」

 

 

 

Aは僕にそう言うと、風呂に入っていきました。

 

 

 

 

 

シャワーの音が聞こえる。

 

 

 

 

「俺も入っていいーーー?」

 

 

 

 

と冗談まじりで言うと

 

 

 

「やだ!恥ずかしい!!!」

 

 

とAは言う。

 

 

 

 

 

これはめちゃ食い付き高いな。

 

 

 

 

てかさ、あんたの裸は死ぬほど見てるからwww

 

 

 

 

 

そんなツッコミを心の中でしつつ、Aが風呂から出てくるのを待ちました。

 

 

 

 

 

シャワーの音が消え、ドライヤーの音が鳴り響きます。

 

 

 

 

そして、Aが出てくる。

 

 

 

 

 

その瞬間、僕はキスをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A「待っててくれてありがとう♡」

 

僕「おう」

 

A「私とヤりたかったの?」

 

僕「言わせんな」

 

 

 

 

キスがどんどん激しくなり、僕はベットにAを押し倒しました。

 

 

 

 

 

バスローブを着ていたのでノーブラ・ノーパンでした。

 

 

 

 

 

胸を触る。

 

 

 

柔らかい。

 

 

 

今まで触ってきたどの女よりも肌質がいい。

 

 

 

なんでこんなに肌が綺麗なんだ?ってくらい異次元なレベルで肌を触った感じがエグかった。

 

 

 

 

今まで多くの女を抱いてきたし、「この子、肌めっちゃいいな」と思う子もたくさんいた。

 

 

 

 

 

でも、今までの子はAの肌に到底敵わない。

 

 

 

 

 

「めっちゃよかった!」とかの次元じゃない。レベルが違い過ぎた。

 

 

 

 

 

反応も敏感で本当にAVで見たまんまだった。

 

 

 

 

今、俺が今までお世話になっていたAV女優が目の前で裸になっている。

 

 

 

 

カメラも何も回っていない。スタッフも監督もいない。

 

 

 

 

俺とAだけの空間で、セックスをしようとしている。

 

 

 

 

 

 

手を下に伸ばす。もうびしょ濡れだった。

 

 

 

 

 

丁寧に前戯をしようとしたが

 

 

 

 

「ねえ、おちんぽ欲しい。」

 

 

 

そう言われ僕の僕を握られる。

 

 

 

 

「ねえ、おちんぽ入れてよ」

 

 

 

と言われる。

 

 

 

 

僕は言われるがまま、生で挿入した。

 

 

 

 

その後、、それはそれは熱い夜を過ごしたのだった。

 

 

 

 

 

 

次の日の朝

 

 

 

「とうご君、ありがとう。次は私がもっと責めてあげたいな。次いつ空いてるの?」

 

 

 

と聞かれ、僕たちはまた会う約束をして別れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

とうとう僕は、AV女優を抱くことに成功した。

 

 

 

 

 

それも、無名のAV女優ではない。

 

 

 

 

・売上ランキングは10位以内

・恵比寿マスカッツメンバー

・地上波テレビにも多数出演

 

 

 

という、とんでもなく有名なAV女優である。

 

 

 

 

 

 

一般人でもスマホさえあれば有名AV女優とプライベートでSEXできる。

 

 

 

 

そんな夢のようなことを実現したのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

 

 

とても夢のある話ですよね。

 

 

 

 

AV女優や芸能人って、絶対に巡り会えない人種だと思いがちですが、意外と出会えるもんです。

 

 

 

 

 

今はSNSとかネットが普及しているから昔よりも芸能人と会うハードルが下がっているのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

今回、僕もめちゃくちゃ戦略を立てて挑みましたが、正直こんな簡単に有名AV女優とセックスできるとは思ってませんでしたw

 

 

 

 

 

 

これは、僕が奇跡的に運が良くて実現したものではありません。

 

 

 

 

 

 

僕は出会いからセックスまで全て戦略を立ててやりました。

 

 

 

 

 

 

 

僕の性格上、「たまたま勝った」「運が良かっただけ」というのが嫌いなんです。

 

 

 

 

だから全て勝つための計画をし、戦略を練ってから挑みます。

 

 

 

 

 

 

なので、今回僕が超有名AV女優を落とせたのも、偶然というよりは「戦略通り」といった方がいいかもしれません。

 

 

 

 

つまり、これは僕だけに起こせる奇跡ではなく、あなた自身の人生にも起こすことが可能な戦略だというわけです。

 

 

 

 

あなたの好きな芸能人やYouTuber、AV女優やアイドルを思い浮かべてください。

 

 

 

 

そのあなたが思い浮かべた芸能人と2人きりのプライベートとで会い、デートをして、最終的にはセックスする。

 

 

 

 

 

そんな奇跡のようなことを起こせる戦略なのです。

 

 

 

 

 

というわけで、

 

 

 

この記事では伝えきれなかったことを全て解説した「AV女優攻略の全貌」を販売したいと思います。

 

 

 

 

 

 

この「AV女優攻略の全貌」では、僕が有名AV女優を抱くまでの全行程、全プロセスをあなたに公開します。

 

 

 

つまり、僕と全く同じようにやれば、あなた自身もAV女優を抱ける可能性が高いということです。

 

 

 

 

下記、10項目は「AV女優攻略の全貌」の一部になります。

 

 

 

①会うまでのメッセージのスクショ全て

②会うまでの戦略(SNSならではの戦略も)

③口説く際に意識したこと/その具体例

④どのSNSで会ったのか?

⑤車ではどんな曲を流したのか?

⑥フォロワーが全然いない僕がなぜ会えたのか?

⑦「なんで私にDMしたの?」と言われてなんと返したか?

⑧「他の変な人とは違った。だからとうご君には返信した」と言われた、最初に送ったメッセージとは?

⑨帰るモード全開だったのに思いっきり覆して「ホテルで待ってて欲しい」と言わせた”最後の秘策”とは?

⑩有名AV女優が「とうご君とまた会いたいな」と言った意外な理由とは?

 

 

 

 

このように、僕が有名AV女優にSNSでDMしたところから会って即日セックスするまでの過程を包み隠さず全て公開します。

 

 

 

 

また、SNSを使った出会い方についても解説するので、これを知れば、あなたも好きな芸能人やアイドルと会える可能性があります。

 

 

 

もちろん、「容姿」「年齢」「収入」「フォロワー数」は関係ありません。

 

 

 

 

 

”ただの一般人”が有名人と出会える方法になってます。

 

 

 

 

 

我ながら、ここまで具体的に実践しやすい形で落とし込めたのは凄いなと思います。

 

 

 

 

 

 

さらに、今回は特別な特典もご用意しました。

 

 

 

あなた自身が、より確実に憧れの有名人や美女を抱くために必要な特典です。

 

 

 

 

 

 

テクニックと言っても大したものではありません。

 

 

 

 

しみけんとか加藤鷹みたいに日々の鍛錬で鍛えて磨きあげる技術ではないです。

 

 

 

 

僕がお伝えするのは、テクニックというよりも「意識」です。

 

 

 

 

「こういう意識でこれをやるといいよ」というのが3つほどあります。

 

 

 

 

これを意識するだけでも、数千人の男と経験している有名AV女優に「すごく気持ち良かった。また会いたい!」と言わせることができます。

 

 

 

 

 

 

美女とのLINE、特に芸能人やYouTuber等の有名人とのLINEは一般女性と大きく異なります。

 

 

 

一般女性にはウケが良かったとしても、美女に同じメッセージを送ると食い付きが下がってブロック。というのはよくある話です。

 

 

 

今回のAV女優とのLINEはここをすごく意識しました。

 

 

 

芸能人や有名人を抱きたいという人は必ずチェックしといてください。

 

 

 

 

 

 

 

40代になっても50代になっても美女を抱く男性はいます。

 

 

 

僕もそういう人と何人も会ってきました。

 

 

 

 

そこで感じたのは

 

 

「誰もが認める美女を抱ける男は聞き方が違う」

 

 

 

ということです。

 

 

 

聞き方が本当に違うんですよ。

 

 

 

おそらく、世の中の99%の男性は間違った聞き方をしています。

 

 

 

だから格下の女は抱けても格上の女は抱けないんです。

 

 

 

この特典で、あなたも1%のモテる男が実践している「話の聞き方」を知ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回の「AV女優攻略の全貌」ですが、とんでもない内容になっております。

 

 

 

 

ガチで僕しか教えられない方法です。

 

 

 

 

 

こんな方法、思いつくのは僕くらいでしょう。

 

 

 

 

 

 

この方法を使えば

 

 

 

 

・有名AV女優

・有名タレント

・有名女優

・有名YouTuber

 

 

 

など、誰もが羨むような芸能人を抱くことだってできるかもしれません。

 

 

 

もちろん、ただの一般人である人でもですよ。

 

 

 

 

 

それだけ凄い方法です。

 

 

 

 

 

 

ちなみにですが、世の中には「裏風俗」というものがあります。

 

 

 

 

これは一部の人しか使えない紹介性の風俗です。

 

 

 

 

この中には芸能タレントやアイドル、AV女優の名前がずらりと並んでいます。

 

 

 

 

 

彼女たちとセックスするのに、いくらかかると思いますか?

 

 

 

 

 

 

深夜番組しか出てないようなタレントや無名のAV女優ですら50万円します。

 

 

 

 

クソ高いですよね。

 

 

 

 

 

ちょっと有名どころ、それこそAV女優ランキングで20位以内に入るような子だと200万、300万します。

 

 

 

 

まあ人気なAV女優になってくると1回の撮影で200万とか300万貰うわけですから妥当っちゃ妥当ですね。

 

 

 

 

 

「AV女優攻略の全貌」でお伝えする方法は

 

 

・有名AV女優

・有名タレント

・有名女優

・有名YouTuber

 

 

を抱けるようになる方法ですので、張抜きで300万円くらいの価値はあるでしょう。

 

 

 

 

 

この「AV女優攻略の全貌」は

 

 

 

39,000円

 

 

です。

 

 

 

 

 

わかってます。

 

 

 

 

とてつもなく破格です。

 

 

 

 

 

 

自分でもバカだなと思うくらい安い金額になっています。

 

 

 

 

 

でも、いいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これであなたに少しでも夢と希望を与えられるのなら、僕はこの金額で構いません。

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

銀行一括振込でのお申し込みの場合、
手数料や管理コスト分の割引をします。

 

銀行一括振込の場合、

 

3万3000円(税込)

 

です。

 

つまり、銀行一括振込での申し込みが
最もお得な条件で参加できるということです。

 

 

是非、ご検討ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の募集も、今までと同様、

ダラダラと受付しません。

 

 

3日間のみの募集とします。

 

 

 

理由は

 

 

ここまで破格の内容であるにも関わらず、

決断を迷うような人に受け取って欲しくないからです。

 

 

 

 

正直、僕からしたら迷う意味が分かりません。

 

 

 

 

一般人が有名A V女優を抱けるノウハウなんてどこ探してもないですからね。

 

 

 

 

 

このノウハウにどれだけ価値があるかは、賢いあなたなら分かるはずです。

 

 

 

 

いずれにしても募集期間はたったの3日間です。

 

 

 

 

「気がついたら募集が終了していた,,,」ということが無いよう、今すぐ下記のボタンをタップしてお申し込みしてくださいね。